検索
  • ミニマルライフカフェ

【シンプルな手書きの家計簿】クレジットカードでの支払いは、すぐに家計簿に記入しましょう

最終更新: 5月24日




クレジットカードで支払った分は、いつ、家計簿に計上しますか? 請求額が確定し口座から引き落とされた時ですか? それとも、カード払いをして、物やサービスを手に入れた時点でですか?


『シンプルな手書きの家計簿』では、後者、すなわち、《クレジットカード払いをし、物やサービスを手に入れた時点》で、すぐに計上することをお勧めいたします。現金で支払った時と同じですね。


支払って、物やサービスを手に入れたら、レシートごとに記入する。その日の合計を出す。10日経ったら、10日間の合計を出す。同じことを、次の10日間、その次の10日間と、繰り返す。


そして、30日間の合計を出します。さらに、毎月支払っている固定費を足します。つまり、【30日間の合計 + 固定費】です。この金額が、ご自身の【毎月の収入】を下回っていれば、理論的には黒字の家計になっているはずです。


ただし、《カード払いをすぐに計上する》この方法は、後日、請求額が口座から引き落とされる時に、《十分な口座残高があること》が前提となります。


もう少し言うと、そもそもクレジットカードというものを利用するなら、十分な口座残高を保有している必要があるのです。さらに、その利用額は、後日、口座から引き落としても大丈夫な範囲内にとどめるべきです。


0回の閲覧

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now